心のホリスティック

水と聖霊のバプテスマを受け、いよいよイエスキリストの弟子になりました。

夏至である6/21、水と聖霊のバプテスマを受け、イエスキリストの弟子として生まれ変わりました。

実はずっと以前、16年くらい前に、前の夫とアメリカに移住する前に、
大の仲良しのクリスチャンになった友人からアメリカに移り住む前に、ぜひ!!受けた方がいい、と洗礼を勧められて、水のバプテスマを受けたことがありました。
なので、その時から私はクリスチャンだったという言い方もできるのかもしれません。

でも、アメリカでは、結局イエスキリストの道には行かず、色々苦しい思いもしたのちに、ヒーリングに出会い、そこから10年ヒーリングの世界にどっぷりと居たのでした。

この長崎に3月末に引越しをしてきてから、思っても見ないような色々な流れ、心境の変化、出会いから、
『聖書って単なる物語なのではなく、実は本当のことが書いてあるんじゃないか?』と強烈に思うようになりました。

世界で一番古いスピリチュアル本であって、世界で一番売れている本なのに、実は私は洗礼も受けたことがあるのに、聖書って読んだことない。。。
聖書について知りたい、何が書いてあるのか知りたい!!っていう、なんとも、強い欲求が湧いてきたのでした。

そこから、ものすごく聖書を読むようになり、意味を調べたり、して行くうちに、、、

本当に、世界への見え方がほぼ180ど変わってしまいました。

今までかけて居た色眼鏡が、どんどんと取れて行く経験をしました。
今、世の中で起こっていることも、全て、聖書のシナリオ通りなのだ、ということも知って、あまりにも、その通りなので、恐ろしくなりました。

そして、聖書って過去についても、実際に起こった本当のことが書いてあるだけではなく、未来についても起こることが書いてあったのだ!と聖書に驚き、すごさがわかった頃、
私は、こんなに、聖書に惹かれ、イエスキリストに惹かれているけど、キリスト教の教会に行きたいわけではなく、、、私はどこに向かおうとしているんだろう?と思っていた矢先、

極め付けに出会ったドキュメンタリー映画がこれでした。(youtubeで無料で日本語字幕付きで見れます)
メチャンコパフルな映画です。


https://youtu.be/wDFiwAh_Ikc

これを見た時、私がしたいのはこれだ!!!!ってとても強い導きを感じました。
そこから、このトーベンさんのレクチャーを見たり、聞いたりして、ますます、これがやりたいんだ、という気持ちになりました。

そこから、この活動をしている人をTLRのサイトで探し始めました。そしたら、なんと、なんと、同じ長崎に、おまけに自宅から3040分で行ける距離に、この活動されているクリスチャンのご夫婦がいらっしゃることを知りました。
もう、驚異的な流れでした。

そして、そして、いよいよ、6月21日に、偶然にも夏至という日に

『悔い改める』
『水によるバプテスマ』
『聖霊によるバプテスマ』

という聖書通りのバプテスマを受け、今まで関わってきた『神』の仮面を被った『悪魔』という霊の存在を私から追い出し、聖霊に満たされて、異言(sppeaking tongue)を話すことができました。

その時の映像がこちらです。(そこまで激しくないけど、悪霊からの解放と聖霊が入ってきて異言を話し出す映像なので、不快に感じる人がいるかもなので、みたい人だけ見てみてください。)


https://youtu.be/ujYbfhwn_Jg

映像で聖書通りのバプテスマを受けたら何が起こるのか?は見ていたけど、実際に、自分の中から実際に、悪霊が出るって、なんだかとても不思議でした。水の中に全身入った後、お腹がグッと苦しくなり、こみ上げてくるものがあり、嗚咽した感じでした。
そして、『聖霊降りてきてください』という祈りの後に、自分が実際に異言を話し出したことが、自分でも不思議でした。
(それ以降は、異言で祈ろうと思ったら異言が出てきます。)

なぜ、悪霊がこうして出てくるか、というと、私は悪霊がとりなしていることに関わっていたからです。
唯一の神様の聖霊とは違う霊に繋がってしていたことがあったから、なのです。

実際、聖書でも、偽物の『神』と名乗った悪霊に注意しなさい、と、散々言ってます。

厄介なのは、それらの偽神であっても、この地上においては、一見、癒しを起こすこともできるし、予言を伝えることもできるのです。

聖書では、イエスキリストからしか本当の神様には繋がれない、と書いてあります。

私は、最初は、その言葉に全然納得がいかなかった。
でも、わかったことには、
それはなぜかというと、こうやって、なんでもありになってしまうからなんだ、ということがわかりました。
なんでもありだと、私たちは、『間違いはない』って思いがち。
そして、
『ああ、癒される感じがする〜』って、『心地よい』を頼りに、それがいいことだと間違った方向を信じてしまい、私たちは迷子になってしまうんだ、と、わかったのです。

本当の神様は、偉大な愛の方であり、同時に、正しいことと、間違っていることの区別が完璧にあるお方なのだということがわかりました。
喩えて言えば、
凶悪婦女暴行少女誘拐殺人犯って、私たち、普通に許せない!!!!!って嫌悪感しか起こらないと思う。
絶絶対間違っている!!!!!!ってね。
で、神様がいう正しくないこと、というのは、大なり、小なりあったとしても、神様にとって、それは『絶対間違っている』ってことであって、グレーとかないのです。

ちょっと自分の都合がいいように人に嘘をつくとか、私たちがグレーにすること、
それは神様にとっては受け入れがたい黒なのです。
神様にとって白か黒しかなのです。

でも、どんな酷い行いをした人でも、神様は、その人を愛して止まないのです。
我が子が凶悪犯になったから、と言って、我が子を愛することをやめれる親がいないのと同じで、神様は私たちの親なのですね。
神様にとって、一人一人が我が子なのです。髪の毛の本数も知ってるくらい熟知しているのです。
そして、
そのひどいことをした人も、ただ、アダムとエバが犯した罪を引き継いでしまってるだけであって、人間が罪を犯す性質を持ってしまっている結果だってことをわかっているから。
だから、
神様は、自分と離れてしまったその人をどうにか自分の愛の元に戻したいと切実に切望しています。
でも、その人が犯してしまっている罪が邪魔になって、神様と共に歩めないのです。だって、神様にとって、罪(闇)は絶対に悪だから、光である神様が交わりたくても交われないのです。
だから、神様が苦肉の策としてやったのが『神様の子供としてイエスキリストをこの世に送ること』でした。
そして、イエスキリストに、人間の罪を全部被せて死なせるということでした。

一人の人から、罪がこの地上の私たちに入ったから、一人の人(イエスキリスト)で罪を取り除くということをするために。
神様は聖霊を使って、聖書をイエスの弟子たちに書かせました。
私は、この一手を打ったから、あとは、あなた達次第だよ、あなたたちは、この地上では『自由意志』があるから、私を選ばない生き方ももちろん選べるけど、あなたたちが私を選びたい時には、いつだって私は手を差し伸べて待っているのだよ。と

水のバプテスマで『イエスと共に死に、イエスと共に生きます』と宣言することで、実際に、私の体『肉』は1度死に、新しく生まれ変わる、ということをします。
なので、今まで悪い霊が憑いていた、その人が死んだので、その霊は出ていかなければいけないのです。イエス様と共に生きる体になった時、その悪霊は眩しすぎて、その体にいられないのです。

完全にほんとうの神の元に生まれ変わることを経験しました。
(それは、想像していたのとは、全然違う体験でした。)

神様の導きは完璧で、
21日は長崎佐世保のクリスチャンご夫婦KenさんHidemiさんのところに、福岡でこの活動を精力的にされているstephen、京都で活動されてるオアフ出身のRomemel、奈良で活動されてるイギリス出身のNIc、神奈川のサッカーセミプロのJethroという各地のメンバーたちが九州ミッションってことで、長崎にやってくるタイミングだったのでした。

そんなわけで、生きて活動されているイエスを信じきって、街角で病人を癒し、ミラクルを起こして各地を回っているクリスチャン(キリスト教という宗教ではないので注意)達に祈られながらのバプテスマとなったのでした。

夫と子供も見守ってくれてました。
(本当にありがたかった!)

その後、街に皆で出て、Kenさんと回ってるときに、実際に痛みのある人にイエスの名の下に癒しを起こしました。(Kenさんがね!)
股関節が痛い男の子が痛く無くなって、
指を痛めている子があれ!全然痛くない!!ってなって。動画こちらです。https://youtu.be/AtFg6dlANZY

何時間もかけて、祈って癒すとかではなく、イエスキリストの本当の洗礼を受けた人がイエスの名の下で癒しを命じた時、本当に瞬間的に癒しは起こるのでした!!

ビデオでは見ていたけど、それが直接目の前で起こるのは本当に素晴らしかったです。
ああ、イエス様ありがとう!ありがとう!!!って思わず呟いて言っていました。

そして、もっともっと活動したいと思い、その翌々日に今度は、福岡の大濠公園でアウトリーチ活動をするということだったので、私も参加してきました。
皆が集まって、さあ、最初皆で祈ろう、と言っていた時、ボート乗り場のスタッフの男の子にJethroが話しかけて、肩を痛めている、って話だったので、その場で祈り、痛みが100から0になった!!と喜んでいました。

その話を聞いた、他のスタップのおじさんがこちらにやってきたので、今度は、Nicと私が話しかける形になり、少し話してたのだけど、Nicが『じゃあね!いい日をね!!』と、話を切り上げて、その場から離れようと促してきました。
そして、Nicが後に言ったのは、『あの方はcoldだから。話しても無理だったよ。』と。

聖書では『心にpeace(平安) がある人を見つけなさい』と言っています。

誰しもタイミングがあって、ハートが神様を受け入れる体制にオープンになっていない人には、どんな真実でいい話であっても、入らないのですよね。

だから、イエスキリストに習って、病人を癒して、福音を伝えると言うことをするのにも、その人が受け入れる準備があるか、によって、精霊はイエスの弟子たちに『この人に話しかけなさい』と語ってくるようです。

それでも、私たちは、時に自分の思考で動いて、その途中で、あ、この人は閉じているなってわかる、って時もあるのだけど、この活動をしている彼らは、『自分が』自力でやる!!っていうより、自然な流れで、聖霊の導きで流れて行ってる感じなのだということが、とっても学びになりました。

その後、皆で祈りを行なった後、
Nicが、『JethroKeikoであちらの方に行っておいで、そこは君たちが一丸となっていくべきところだから』と、池の中に島になってるような場所があるのだけど、そこを示して言いました。

それで、私たちは、その島に散歩しに向かいました。
島を入って、人は何人かいたのだけど、中に犬を3匹連れた方がいて、そしたら、Jethroが『あの人に話しかけなきゃと思う』。と。
その声に従って、自然とその人に話しかけました。

たわいもない話をした後、Jethroが『子供』って聖霊様からの言葉が来るんだけど。。と。
それを聞いた私が『お子さんっていらっしゃるんですか?』と、その方にお聞きしました。

話してみると、その方は、子供が生まれてすぐに離婚してしまい、生まれたての我が子と、もう、何十年もあっていない状態で、心の深いところにその悲しみがある方だということがわかりました。

そこで、私の経験したことをお伝えして、子供と会えないということがどんなことなのか、がすごく良く理解できます。って話ししました。

すると、その方は、
一度、自殺未遂も起こして、警察の介入があって命が助かったのだ、と、どんなに苦しいことだったのかも伝えてくれました。
『だから、僕は犬をこうして飼っているのです。。。』と。

なので、その方には、神様って本当にいて、今でもあなたのことを本当に愛しているのですよ、って話をお伝えして、祈らせてもらっていいですか?と、祈りをしました。
その方も、言葉数は少ない方だったけど、まっすぐに受け止めてくださっていました。

神様は、神様の愛に触れる必要がある人に、こうして私たち人間を送るんだなあ、って神様の愛をみることができる経験でした。
。。。。。。。。

今後の私について:

そういうわけで、今まで10年やってきた、IH(インテグレートヒーリング)を卒業します。
個人的に、継続して受けてくださっていた方には、お一人お一人、IHを辞める旨をお伝えしました。
キネシオロジー全般のクラス(IH基礎クラス、自分メンテクラスなど)は今後いたしません。

そして、メンタルビューティーはリニューさせた形で聖書の要素もしっかり入れながら、
深掘りして伝えて生きたいなと思っています!

やはり、人生の迷子になっている方がたくさんいらしゃるって思うのです。
いきなり、神様に従いなさい!って言われても、難しいと思うので、とにかくいろいろなことで苦しい、という方が、自分に向き合い、そして、その後、神様に向き合えるようになるための架け橋になったらいいな、と思っています。

ヨガもやった、瞑想もやった、いろいろなヒーリングもやってみた、でも、まだ何か足りない、苦しい、子供にイラつく、、、その苦しみに陥っている人が本当に多いって思っています。
それがなぜなのか、をお伝えしていきたいって思っています。

私自身、メンタルビューティーで『自分を見つめる』ということをストイックなまでにやって、自分の底にある醜さみたいなものに直面したからこそ、神様に出会う準備が私の中で整ったのだと思っています。

CS60、ホリスティックヘルスカウンセリングなども継続していきます。(分子栄養学の学びも継続中です)

そして、こちらがメインになっていくのかな、って思うけど、
『イエス様の弟子としての活動』を始めていきます!!!

イエス様は、無料であなたは癒されたのだから、無料で癒しなさい。と、弟子に言っています。
弟子活動としては
☑️ 街に実際に出て、病気の人を癒して福音を伝えること。
☑️ オンラインで祈りが必要な方に祈ること、福音を伝えること。
☑️ 聖書を一緒に読もうの会などもできたらいいな、と思っています。


実は、明日の便でアメリカに行ってきます。
上の映画に紹介した、トーベンさんは今アメリカで活動されているのですが、その活動の『キックスタート』というイベントに参加してくることに導かれました。

イエス様を信じ、水と聖霊のバプテスマを受けると街角で癒しを行う聖霊の力が宿ります。
イエス様の名において癒しを行うのですが、その力がアクティベートされていない状態だとなかなか癒しが起こりにくいので、アクティベートするためのものが『キックスタート』です。

アメリカのノースキャロライナの山でキャンプの1週間です。一人テントでどんな感じになるのか。
強烈な導きに従ってのことなので、きっと、イエス様が扉を開けてくださっているのだって信じています。

帰国後は、ご希望の方に、(もちろん)無償で『癒しの祈り』をさせていただきます。
ビデオコールなどでも祈ることができるので、ぜひ、祈りの課題がある方はお知らせ下さい。
日時など、やり取りの中で決めていきたいと思います。
(その時には、15分くらいで聖書には一体何が書いてあるのか?という一番大事なエッセンスについても伝えさせていただきますね。なぜなら、癒しと福音とはセットにしなさい、と、聖書には書いてあるから。)

私もそうだったのですが、ほとんどの日本人は、聖書に何が書いてあるのか、って全く知らない状態です。
せめて、その中に何が書いてあるのか、を知ってもらい、聖書のすごさを理解してもらいたいなって思っています。
でも、これも、聖霊の導きがない状態で、聖書を読んでも、意味不明なところだらけだったりします。。
聖霊様の導きが入ると、聖書が伝えようとしていることが身にしみて理解できていきます。これも興味深いことです。なので、私も全く完璧ではないけど、聖書に興味があるよ、という方と、聖書を読む会をしていきたいなって思っています。(zoomで考えています)

また、直接誰かに祈ってもらいたい!という方で、お会いできない方にはお住まいを聞いて、近くにいるこの活動をしている方を紹介させていただきますね。

心配しないで欲しいのは、誰も、『キリスト教』という宗教を信仰しているのではないので、
!!!キリスト教に勧誘するとかは全くないです!!!!!笑

ただ、キリストへのloveで神様のために何か活動したい!と突き動かされてやっているので、
この活動をする人たちは、スペシャルいい人たちです!!!ビジネスマインドで、これをやったらいくら儲かる、とか、そういう精神が一切ないクリーンな活動です。とにかく、皆さん、神様と自分の関係のために、少しでも苦しんでいる人に神からの癒しを体験してもらい、そして、聖書というものに、何が書いてあるのかを知ってもらうという活動をしています。
そして、日本で活動されている方は、ほとんど日本語で会話が可能です!

私は、今、聖霊様がしっかり導いてくれるようになり、
『やっぱり何かが足りない』という重荷から解放されて、不思議なくらい心が静かに楽になりました。
子供達とたわいなく過ごす時間に、焦りを感じることがなくなった〜〜〜

そして、『神の前で正しくないこと』を自分を正当化してやるってことができなくなりました。(これはパワフルででした。)
そして、間違った方向に進もうとした時に、考え直して!という啓示が入ることも経験したり、

こうやって、聖霊の導きで生きていくということを、少しづつ経験し始めているところです。

そして、今までの感覚と、聖霊の導きとで大きく違うな、ってところは、
今までの自分の感覚はあくまで『自分』が主体だったということ、
だけど、聖霊は『神様』が私にやってほしいこと、神様が計画しているように、実際に私の中で
私を動かすために私に語りかけ、神様とのとりなしをしてくれるので、私の『心地よい』と思えることじゃない場合もあります! というより、自分のフィーリングって、聖書的には『肉』の欲求なのでした。なので、そこには、悪の囁きも入り込めてしまうのですよね。

でも、神様とつないでいる聖霊のspritの部分は、私たちが今まで頼りにしていた『感じる』という肉の欲求を超えたところにあるので、その聖霊のささやきがあった時は、それは、したい、したくないのフィーリングではなく、『あ、これしなきゃだ!』ってわかる、って感じです。

さて、さて、
自分の人生を振り返り、『私は足りない』という思いを打ち消すように動いてきたんだな、ってよくわかります。
そりゃ、本当の唯一の神様と分離して生きていたら、
心に本当の平安なんて来るわけがなかったんだよね、と、今ではよくわかります。

今は、私の代わりに本当にイエス様が十字架を背負ったんだ、ってことを、洗礼を受け、
今、自分の心に沸き起こることがなくなったことで、それって本当だったんだ、って理解しました。

やっと、神様と一緒に歩むという道に戻って、心に広がる平安を経験しています。

自分の可能性を信じて、
それでお金、恋人、理想の生活を引き寄せる
『自分』を見つめる。
それが全部引き寄せられたところで、自分を見つめた時に、心の底に虚無感が存在し続けているのだ、
ということを知ってしまったから。
『自分』の限界を知った瞬間でした。
それって、私が私の可能性を拠り所に生きることの限界なんだな、って体験してみてやっとわかったのです。

そして、本当の神様から分離してしまっているから、ネガティブな感情、思考が沸き起こり続けるのだ、ってわかったのです。だって、それは、サタンの仕業なので。神様と分離した体には、悪とか罪とかがが入り込めるのです。

人に気を使って生きづらさを感じている人は、『自分の心地よさを追求する』『自分がどうしたいのかをちゃんと自分に聞く』をしっかりやる時期も大事です。でも、その次には、神様は私にどんな計画があって、私をこの世に生まれさせたのだろう?って、神様が成し遂げたい計画の中に自分という存在はいるんだなあ、と気がつき、
自分という存在を『自分』から『神』に明け渡してほしいって思っています。
それが、今、求められていることなんだと思っています。

自分で物事をコントロールするのではなく、聖霊の導きを受け入れて、その導きで、自分の動きを決める生き方です。
神様と二人三脚で人生をあゆむという歩み方。
そこには、『自分の可能性』を超えた、すべてのものを創造した万能の神様の可能性が広がっているのだとわかってきます。

今後は、私に宿っている聖霊様の導きに遵いながら、それが神様の言葉とあっているのか、聖書を確認しながら進んで行こうと思っています。

それにしても、自分が異言で祈るようになるとは、です。
自分でも何を言っているのかわからず、でも、異言で祈っていると、なんだか、えも言われぬな感覚がして来るのです。

神様から必要があってここにきて急に目を覚まされたのだから、しっかりと、神様とコミュニケーションをとって、神様が私を使ってなさりたいことをやっていきたいと思っています。

夫は長崎のお茶は平和へのお茶だって、その活動をしようとしていて、
私は、イエスキリストがもたらす平和を広めようとしているのだって思います。

長崎という原爆が落とされたところであり、そして、聖書が最初に伝えられたところだから、『平和』というキーワードに、とにかくパワフルな場所に導かれてきたのだと思います。